HOME > スタッフブログ > 雪が溶けると

雪が溶けると

こんにちは。

スタッフの鳥越です。

 

東京ではまだまだ雪が残っていますね。

ここ数週間の大雪で、雪かきをされた方も多いのではないでしょうか。

 

そして、この雪が溶け寒さが緩むと、ついに花粉の季節がやってきますね。

厚生労働省によると、国民の三割が花粉症患者と言われています。

最も多いのが、春先のスギ花粉症。

 

日本でスギ花粉症が発見されたのは、いつかご存知ですか?

 

なんと昭和38年!

 

栃木の日光周辺で春先にくしゃみや鼻水などアレルギー症状を示す患者が多いことから、

齋藤洋三博士がその原因を調査し、旧日光街道沿いの立派な杉並木から飛散されるスギ花粉が

アレルギー症状の原因物質として特定されました。

 

これが日本最初のスギ花粉症の発見だそうです。

 

ちなみに、当時は花粉症という言い方はなく「枯草熱(こそうねつ)」と呼ばれていたんだとか。

 

ちょっとした豆知識でした!

 

現在、既存のスギ林を少花粉スギに転換する取り組みが、全国で進んでいるみたいですね。

早く花粉症から開放される日がくるといいですね。

kafunposuta

コンテンツ
説明会日程 カレンダー
  • 説明会