HOME > スタッフブログ > 【犬の脳を活性化するには?】

【犬の脳を活性化するには?】

こんにちは。インストラクターの宮岸です。

我が家のサラは3月で15歳になります。

今までの14年間も健康に年を重ねられるにはどうしたらいいか?

と色々なことを取り入れてきましたが、

今年からはさらに脳の活性化を意識してみたいと思います♪
どんなことをすればいいかというと、、、
・知育おもちゃで頭を鍛える
・噛むことで脳を刺激する
・お散歩コースや歩く速度に変化を持たせる
・旅行に行く
・話しかけたりスキンシップの時間をたくさんとる
・脳に効く音楽やアロマを利用する
・食事にはDHA、EPA(魚に多く含まれる)を意識して加える
などなど。。。

【何年ぶりの登場? 定番のコングに悪戦苦闘】

写真 のコピー 4

 【歯と脳をしっかり刺激!】

写真 のコピー 2

犬の平均寿命が延びるにつれて、人間と同様に老後の介護が必要になるケースも増えています。

身体的な介護の他、痴呆症のように精神的な介護も加わることもありますので、

どちらにも可能な限り予防策をとって遅らせてあげたいものですね。

 

ある痴呆に関する研究論文では、犬が痴呆症になるようになった原因は

私たち人間にあると書かれているそうです。

「野良犬にはぼけは少ない一方、飼われている犬にはぼけが多い」という

データがあるようで、犬は人と暮らし始めたことにより、

野生で暮らしていた頃にあった死と隣り合わせの緊張感が薄らいできたことも

原因のひとつなのでは?ということのようです。

 

確かに人と一緒に暮らしている犬にとって、外敵から身を守る必要性はありませんので

一理あるかもしれませんね。ただ現在は様々な理由で寿命が延びているので、

今度はその分きちんと飼い主である私たちが犬達の命を守ってあげる必要があります。

よく「もう年だから、、、」と何でも制限してしまう人がいますが、

これも老化を早めることに繋がります。

 

人間でも自分でできることは自分でやることが健康で長生きの秘訣だと

よく聞きますが犬も全く同じです。
できるだけ今までに近い生活をさせてあげる工夫と、適度に刺激のある生活で

心身共に元気で楽しいシニアライフを送らせてあげたいと思います♪

【仲良しのビビィくんとリラックスタイム♪】

写真 のコピー

 

コンテンツ
説明会日程 カレンダー
  • 説明会