HOME > スタッフブログ > 飼い主として、家族として

飼い主として、家族として

こんにちは。

スタッフの鳥越です。

 

本日は気になる記事を見つけましたので、ご紹介します。

 

守谷市が犬の母子手帳ワンワンBOOKを配布中

http://irorio.jp/gt1999/20140601/139414/

 

以下抜粋

————————————

『茨城県守谷市は、犬の体調管理や鑑札番号の管理、狂犬病予防注射の記録用に「ワンワンBOOK」の配布を始めた。管理項目に加え、動物愛護管理法や茨城県の動物条例、相談窓口などの情報、高齢犬の介護方法などが記載されている。

 

ワンワンBOOKに愛犬の体調や狂犬病予防注射の日時を記録しておくことにより、異変に素早く気づく事が出来るようになる。また、捨て犬の禁止や犬に対する知識の向上、ルール遵守、散歩時のマナーアップなどの効果も期待出来る。

 

願わくば今後、犬を飼う事を検討している人にもワンワンBOOKを配布してもらい、中途半端な意識で犬を飼おうとする人を抑止して欲しいものである。』

 ————————————

犬を飼っている人にとって犬は家族の一員ですし、『記録をつける』ことで、

より犬のことを観察するのでちょっとした体調の変化に気づけますよね。

 

また、ドッグトレーニングと一緒でその子について

観察する習慣がつくと、今まで気付かなかった性格などが

見えてきてより愛情が深まりますね。

 

最近犬を飼う人が増えて、飼い主のあり方について

注目されることが多くなったように感じます。

 

先日も札幌で『飼い主の責任』についての条例が定められました。

http://www.yomiuri.co.jp/national/20140526-OYT1T50053.html

 

飼い主として、また家族として、愛犬をどのように愛するか。

どのように接するのか。

 

考えさせられますね。

__

コンテンツ
説明会日程 カレンダー
  • 説明会