HOME > スタッフブログ > スペインの糞放置対策

スペインの糞放置対策

こんにちは。

スタッフの鳥越です。

先日あるTV番組でユニークなスペインの『犬の糞放置対策』を紹介していました。

 

スペインにあるブルネテという町から、広告代理店が無料で引き受け行ったキャンペーンで

散歩中の犬の糞を放置する飼い主に対して、”あるもの”を送るのですが、

それがなんと

 

『飼い主が放置した糞』

 

なのです。

 

方法は、複数のボランティアがパトロールし、糞を放置した飼い主に

「かわいいワンちゃんですね。名前は何て言うのですか?種類は何ですか?」と話しかけ

犬の名前や犬種を聞き出す。

※この際にボランティアは注意するのではなく、あくまでその人の愛犬に興味があるように話かけるそうです。

聞き出した情報で、市役所に登録されている犬のデータベースから、

飼い主の名前と住所を特定することができる。

 

そして、数日後データベースから住所を特定された飼い主の元に、

「市役所から、落し物が届いています。」と飼い犬の糞が届けられるという仕組み。

images

その名も『cacas express(ウンチエクスプレス)』というキャンペーン

express-dog-poo-550x550

これを知ったとき「少しやりすぎでは?」と思ったのですが

この取り組みによって糞の不始末が70%も減少したというので驚きました。

 

糞は持ち帰る。飼い主として当然のマナーを大切にしたいものです。

 

参考
Oddity central

コンテンツ
説明会日程 カレンダー
  • 説明会