HOME > スタッフブログ > 東京 犬の銅像を歩く

東京 犬の銅像を歩く

こんにちわ。WEBデザイナーのあっきーです。

突然ですが、都内には犬の銅像がたくさんあるのはご存知ですか?
いつもは気づかずに通り過ぎている道筋や公園の景色が全く違うものとして見る事ができるかもしれません。

カメラを片手にお散歩は如何でしょうか?

 

ハチ公

ハチ公像(渋谷)
知名度はNo.1。犬の銅像といえば誰もがまず思い浮かぶのではないでしょうか?

 

落語「元犬」のシロ

落語「元犬」のシロ(蔵前)
江戸期からのスタンダードな噺「元犬」に登場するシロの像。

 

薩摩犬「ツン」

西郷隆盛と薩摩犬「ツン」(上野)

 

子宝いぬ

水天宮の子宝いぬ(人形町)
安産の象徴とされる犬の像の周囲を取り巻く十二支(干支の文字が刻まれた玉)のうち、自分の干支を撫でると子授けや家内安全・厄除けなどのご利益があるようです。

 

軍犬慰霊像

靖国神社にある軍犬慰霊像シェパード(九段下)

 

東京タワーのカラフト犬

東京タワーにあるのは「南極物語」でもおなじみのタロ・ジロたちカラフト犬の像
※現在は国立極地研究所(立川)に移設。

 

乙女の盲導犬の像

乙女と盲導犬(新橋)
JR新橋駅前広場のSL広場の一角にワンピース姿の少女とジャーマンシェパードの盲導犬の像があります。

 

名犬チロリ記念碑

名犬チロリ記念碑(中央区・築地川銀座公園)
捨て犬だったチロリは、子犬たちと共に殺生処分寸前を助けられ、後にセラピードッグとして全国で活躍。多くの高齢者や障害者に勇気を与え、日本の動物愛護法に多大な影響を与えました。

 

中野の犬屋敷跡

中野の犬屋敷跡(中野)
中野区役所前にある「犬屋敷跡」。5代将軍徳川綱吉が設けた江戸幕府の野犬保護施設で、犬を囲って飼育したことから「お囲い御用屋敷」とも言われました。

コンテンツ
説明会日程 カレンダー
  • 説明会