HOME > スタッフブログ > 犬と映画

犬と映画

こんにちは。

スクールスタッフの北村です。

 

今日は映画について。

我が家の愛犬キン太はジャック・ラッセル・テリアです。

ジャパンケネルクラブが発表している

2013年の犬種登録登録頭数の1位はトイ・プードルで、

ジャック・ラッセル・テリアは15位となっています。

 

しかし、犬らしい犬からなのか、

CMや雑誌などでもよくジャック・ラッセル・テリアを見かけます。

(※お年寄りがジャック・ラッセル・テリアを連れているCM等は、首をかしげてしまいますが、、、)

そこで、ジャック・ラッセル・テリアが活躍する映画を紹介します。

 

「マスク」

画像1

ジム・キャリー主演でマイロが大活躍するコメディ映画ですね。
ヒロインにキャメロン・ディアスも登場して個人的にはかなり好きな映画です。

 

「マイ・ドッグ・スキップ」

画像2

全米ベストセラー小説が映画化され、
少年が犬との心の交流を通して成長する姿が描かれているようです。
まだ見ていませんのでチェックしたいです。

 

「ダニエルとスーパードッグ」

画像3

こちらも少年が犬との心の交流を通して成長する姿が描かれている映画のようです。

 

「アーティスト」

画像4

これは作品がアカデミー作品賞も受賞したので話題になった映画です。
白黒サイレント映画なのですが、ジャック・ラッセル・テリアが主人公に従順で、
「この犬にも賞を!」という声が挙がったほどの名演技ぶりです。
私も数回見ましたが、いつ見ても楽しめる作品です。

 

まだまだ探せば、たくさんあるのかもしれませんが、

ご自身が飼われているワンちゃんと同じ犬種が出ている映画だと

モチベーションが上がりますよね。

 
 

 

 

コンテンツ
説明会日程 カレンダー
  • 説明会