HOME > スタッフブログ > 若者から初心を学ぶ!

若者から初心を学ぶ!

こんにちは!

スクールスタッフの秋山です。

 

先日、来年公開映画の「製作報告会見」が当たり

興味本位で参加してきました。

 

以前に私がスタッフblogでご紹介した、

映画アプリ『Filmarks』で応募していたものです。

Filmarksの紹介はこちら

 

映画は「ソロモンの偽証」という、宮部みゆきさん原作の作品。

(二部作で前編は3/7、後編は4/11公開予定)

359676solomon_B1

 

<ストーリー>
クリスマスの朝、雪の校庭で転落死したひとりの男子生徒。
柏木卓也、14歳。
その死は、校舎に眠っていた悪意を揺り醒ました。
目撃者を名乗る告発状、新たなる殺人計画、
マスコミの過熱報道、そして犠牲者がひとり、またひとり…。
何が嘘で、何が本当なのか?
保身しか考えない教師たちに見切りをつけ、ひとりの女子生徒が立ち上がった。
もう大人たちに任せておけない…。
隠された真実を暴くため、学校内裁判が開廷される――――。

 

■公式サイト
http://www.solomon-movie.jp/

 

製作報告会見も、その裁判にかけて「傍聴会」形式。

私は傍聴人という形での参加でした。

 

大人の俳優さんたちに加えて、約1万人のオーディションから選ばれた

33名の中学生役の中からメインキャスト7名が参加。

 

記者の方たちから質問が飛ぶのですが、

「その役になじむように、普段から役の性格で周りに接していました」

「あえて頭を真っ白にして、常に新鮮な演技が出来るように意識しました」etc

最近の中学生はこんなにしっかりしているのかぁ…と驚きでした。

 

特に主役の藤野涼子さん。

落ち着いたトーンで舞台女優さんのよう。

この役への想いと、これからもそれを忘れないようにと、

この作品の役名をそのまま芸名とすることを決めたそうです。

 

インタビューを受ける中学生を心配そうに後ろから見守る大人たち。

少し重い印象を受けるストーリーとは逆に、

出演者の方々の仲の良さそうな雰囲気がまた印象的でした。

 

佐々木蔵之介さんを初めとする大人キャストの方たちからは一様に、

中学生たちから色々なことを教えられたとおっしゃっていて、

そこは私も妙にうなづいてしまいました。。

 

どの仕事も、経験をつめば積むほど、良くも悪くも慣れてしまい

新しい発見や小さな変化に疎くなります。

 

そんな時、入社したての子や、外の方と話をすると、

違ったものの見方にはっとし、新鮮な気持ちや発想がわいてきたり。

 

そして毎回、ドッグトレーナーズカレッジの開講日には

学ぶ意欲にあふれた生徒さんたちからパワーをもらっています。

 

【初心忘れるべからず】

改めて、気を引き締めて頑張りたいと思います!

 

秋山

 

 

 

 

コンテンツ
説明会日程 カレンダー
  • 説明会