HOME > スタッフブログ > デジタル時代の健康管理

デジタル時代の健康管理

はじめまして。

Web事業部プロデューサーのタコスです。
(見た目がメキシコ人ぽいとのことから、こんなあだ名がついています…)

私はガジェットと呼ばれる「デジタルの目新しい道具/面白い小物」
(分かりやすく言うとiPhoneとか)が大好きで、中でも最近は
「ウェアラブルデバイス」と呼ばれる、体に身につけるガジェットにハマっています。

今日は愛用の「UP by JAWBONE」をご紹介したいと思います。

1108_01

簡単に言うと、腕につける万歩計のようなモノなのですが、
スマートフォンのアプリと連携して、運動・睡眠・食事を管理することができます。
(※食事は手動で登録が必要です)

1108_03
イヤホンジャックに接続してデータを同期します

1108_02
アプリのデータ管理画面

中でも睡眠管理はかなり重宝していて、設定した起床時間の前後10分の間で、
一番眠りの浅い時間をセンサーが感知し、バイブレーションで起こしてくれます。

いわゆる”レム睡眠”状態で起きれるので、このデバイスを使って以来、
朝の目覚めがハンパなく良い!

浅い眠り、深い眠りもグラフで見れるので、後から睡眠を振り返る楽しみもあります。

1108_04
昨日の私の睡眠です(12分も起きてたのか???)

運動管理もなかなか良いです。

1日の目標歩数を登録することができ(私は10,000歩)、これをクリアできないと
ちょっと悔しい…

時間があるときは一つ手前の駅で降りて、歩数をかせぐこともあったりと、
ちょっとしたゲーム感覚で日々の運動を行うことができます。

防水機能もあり、デザインも悪くないので、肌身離さずお供してもらっています。

ワンちゃんとのお散歩も、こんなデバイスがあったらもっと楽しくなるかも知れませんね(^^)v

「UP by JAWBONE」の詳しい仕様はコチラ

コンテンツ
説明会日程 カレンダー
  • 説明会