HOME > スタッフブログ > 世界一の犬

世界一の犬

こんにちは。

スタッフの湯地です。

 

今日はギネスに認定されている、犬のいろんな世界一をご紹介したいと思います。

 

1.長寿

これまで最も長く生きた犬がオーストラリアン・キャトル・ドッグという犬種で

29歳5か月だそうです。

現在の犬の平均寿命は、犬種によって違いはありますが大体10代前半だと言われています。

このギネスに認定された子は1910年に生まれて1939年に老衰で息を引き取りました。

この時代に29年も生きたということで、とても飼い主さんに愛されていたのでしょうね!

ACD

 

 

2.フリスビーキャッチ

世界一のロングフリスビーキャッチがアメリカでの118.9 m。

キャッチした犬はウィペットだそうです。

118mは野球でいうと、バッターからセンターの距離です。

キャッチする犬もすごい集中力と脚力ですが、フリスビーを投げる人もすごいですね!

ウィペット

 

 

3.まつ毛の長さ

ギネスに認定されている、最も長いまつげの長さは13.6㎝。

犬種はラサアプソで、アルバート王子くんというお名前だそうです。

ラサアプソ

 

 

ギネスに登録されている犬関係の記録は他にもたくさんありました。

スタンダードなものからこんなものまで?というものまで。

 

みなさまも興味があればぜひ調べてみてください!

  

 
 

コンテンツ
説明会日程 カレンダー
  • 説明会