HOME > スタッフブログ > ドッグビジネスマーケティング

ドッグビジネスマーケティング

こんにちは。

スクールスタッフの北村です。

今回はドッグトレーナーのマーケティングについてお伝えします。

 

先日、スクール見学にいらした方から、こんな質問を受けました。

 

『犬のしつけ』をやっている教室がたくさんある。

『今からドッグトレーナーを始めても遅いんじゃないか』

 

確かに既にあるしつけ教室は、お住まいの地域にひとつやふたつ、

もしかしたらそれ以上あるかもしれません。

「すでに競争相手ががんばっているから、やっぱり難しいんじゃないかな」

こんな風に不安に思われるのは当然のことです。

 

ただ、マーケティングの観点からいうと、

他の教室がすでにその地域で営業しているということは、

 

〇その地域のマーケットを知る

〇ニーズを知る

〇どんなメニューで営業しているかを知る

 

いろいろなことが事前に分かるメリット満載でもあるのです。

 

まったく違う業界ですが、例えば、美容室。

コンビニの数より美容室の数は多いと言われていますが、

その数はなんと23万件。コンビニの数の4倍です。

それだけ美容室の数が多い中で、どんな風に営業しているのか。

 

〇とにかく早い、安いを売りにしている!

〇カリスマ美容師を看板にしている!

〇高齢者向けに特化している!

〇ネイルサロンを併設している!

〇ゴスロリ風? or ファッションに合わせた店内装飾で差別化している!

・・・etc

 

挙げれば切りがないですが、みなさんオリジナルのカラーを出しています。

このような手法をマーケティング用語では、

USP(Unique Selling Proposition)といいます。

簡単にいうと、他がまねできないような『売り』ですね。

 

ドッグトレーナーでも同じことが言えます。

「犬のしつけにお困りの方、お問い合わせください」

ひと昔前までは、これでも充分に問い合わせが来たかもしれませんが、

それでは既にある教室の中で埋もれてしまいます。

 

「トイプードル専門しつけ教室・ドッグトレーナー」

「トイレにお困り専門しつけ教室・ドッグトレーナー」

「吠えにお困り専門しつけ教室・ドッグトレーナー」

・・・etc

 

こんな風に、何かに特化してサービスを提供することも他との差別化につながりますし、

何かメッセージを伝える際にも、伝える相手が特定されていますので、

より心に響くメッセージを伝えられます。

 

当スクールでは、

今年で15年目を迎えた犬のようちえんⓇで培ったマーケティングについても

学んでいただくことができます。

 

なぜ犬のようちえんは1教室で約180頭も通園する教室に成長できたのか?

ドッグトレーナーのマーケティングについてご興味やご質問がある方は、

以下メールアドレスからぜひお問い合わせください。

 

宛先:txt_address

件名:マーケティング相談

本文:ご質問内容

※あなたのお名前、あなたのメールアドレスをお忘れなく

 

画像1

 

みなさまの犬と共にある生活を応援しています!

 

 

 

 

コンテンツ
説明会日程 カレンダー
  • 説明会