HOME > スタッフブログ > ドッグビジネスマーケティング2

ドッグビジネスマーケティング2

こんにちは。

スクールスタッフの北村です。

 

今日は前回に引き続き、ドッグビジネスにおけるマーケティングについてお伝えします。

 

前回、USPについて解説しました。

 

ちょっとおさらいです。

USP(Unique Selling Proposition)

簡単にいうと、他がまねできないような『売り』とお伝えしました。

 

USPを確立できると、以下の2点で効果を発揮します。

 

・より効果的なメッセージ、共感を得ることができます。

自分が相手にすべき顧客(ターゲット)が定まるので、方針がブレなくなります。

 

・向学心の芽生え

方針が定まるので、その方針、専門性に沿った身につけるべきことが見えてきて、

さらにUSPを磨くことができます。

 

USPを確立していく上では、自己分析、自身を見つめ直す作業は必要不可欠ですが、

相手を知ることも重要です。

 

ここていう相手とは、

・顧客

・競合

の2つです。

 

まずは顧客について。

ドッグトレーナーは地域密着型で、その地域で犬を飼われている方々を対象に

お仕事をされるケースが多いです。

 

その地域に、

どのような方が住まれているのか?  年代、世帯年収・・・

どのぐらい犬がいるのか?      犬がいない地域では意味がありません。

 

次に競合について。

この競合を調べることは、顧客を知ることにもつながります。

 

その地域に、

どのようなしつけ教室があるのか?  数、コンセプト、USP・・・

どんなドッグトレーナーが活躍しているのか?  数、コンセプト、USP・・・

料金はどのぐらいか?  金額、月謝制・回数制・・・

 

ここまで、調査してUSPを確立させていくと、

他がまねできないような『売り』が見えてくるはずです。

 

当スクールでは、

今年で15年目を迎えた「犬のようちえん®」で培ったマーケティングについても

学んでいただくことができます。

 

なぜ「犬のようちえん®」は1教室で約180頭も通園する教室に成長できたのか?

 

ドッグトレーナーのマーケティングについてご興味やご質問がある方は、

以下メールアドレスからぜひお問い合わせください。

宛先:dtc@animalplaza.co.jp

件名:マーケティング相談

本文:ご質問内容

※あなたのお名前、あなたのメールアドレスをお忘れなく

 

画像1

 

 

 

 

コンテンツ
説明会日程 カレンダー
  • 説明会