HOME > スタッフブログ > ドッグビジネスマーケティング9

ドッグビジネスマーケティング9

こんにちは。

スタッフの北村です。

 

前回に引き続きドッグビジネスマーケティングについてお伝えします。

 

今回のテーマも『セールスファネル』です。

 

『ファネル』は、漏斗の意味で、

 

マーケティングでは、

見込み客から受注へと絞り込まれる様子を

例えて「セールスファネル」と表現するとお伝えしました。

 

画像1

 

・Interest(興味=商品に関心を持ってもらう)

・Learn  (理解=商品について知ってもらう)

・Evaluate(納得=商品の価値を知ってもらう)

・Justify  (判断=購入すべきか判断してもらう)

・Purchase(購入=商品を購入してもらい、優良顧客へと変えていく)

 

犬のしつけに興味を持たれる飼い主様は様々ですが、

まずは飼い主様が犬のしつけに「興味」を持たれるきっかけを知る必要があります。

 

例1

「犬の問題に困っている方はご相談ください」

 

例2

「犬のトイレに困っている方はご相談ください」

 

どちらの方が、飼い主様により興味を持っていただけると思いますか?

 

そして、その後の「理解」や「納得」をしてもらう際に、

どちらの方が、より具体的に理解、納得していただきやすいでしょうか?

 

すべてのものごとに置いて言えることですが、

「相手の関心のありかを見抜く」

ことは非常に重要です。

 

犬のしつけ相談に来られて、

子犬のしつけの重要性やその意味を延々とお伝えするのもいいですが、

 

「なぜ来られたのか」

「どう解決したいのか」

 

表面的なものもそうですが、

 

もし、真意までを探ることができれば、

その真意に合った解決方法や根拠となる情報を提示することで、

飼い主様からの理解、納得を得やすくなり、

そして、飼い主様はサービスを購入してくださるようになります。

 

当スクールでは、

今年で15年目を迎えた「犬のようちえん®」で培った

マーケティングについても学んでいただくことができます。

 

なぜ「犬のようちえん®」は

1教室で約180頭も通園する教室に成長できたのか?

 

ドッグトレーナーのマーケティングについてご興味やご質問がある方は、

以下メールアドレスからぜひお問い合わせください。

 

宛先:txt_address

件名:マーケティング相談

本文:ご質問内容

※あなたのお名前、あなたのメールアドレスをお忘れなく

 

 

 

 

コンテンツ
説明会日程 カレンダー
  • 説明会