HOME > スタッフブログ > ドッグビジネスマーケティング16

ドッグビジネスマーケティング16

こんにちは。

スタッフの北村です。

 

 

前回に引き続きドッグビジネスマーケティングについてお伝えします。

 

 

今回のテーマは以前ご紹介した「OATHの法則」です。

 

 

少しおさらい。

 

 

OATHの法則とは、

 

O(Oblivious)・・・無知

A(Apathetic)・・・無関心

T(Thinking)・・・考えている

H(Hurting)・・・困っている

 

 

消費者の問題意識レベルを4つに分割したマーケティング法則です。

 

 

以前ご紹介した際は、問題行動の意識レベルについて解説しました。

 

 

今回は、それぞれのアプローチ方法について考えてみます。

 

 

まず、あなたがターゲットとする顧客は誰でしょうか?

 

地域、年代、性別、所得など、

様々に分けられるはずです。

 

 

ターゲットによってアプローチ方法が変わることは何度もお伝えしています。

 

次に、ターゲットとする顧客をそれぞれのOATHの区分に当てはめてみましょう。

 

 

■無知な人:飼い主様が問題と思っていない、

■無関心な人:一番厄介です。

■考えている人:問題を認識して解決する意思もあり、どの解決手段が適切か考えている状況です。

■困っている人:問題を認識して、今すぐにでも解決したいと考えている人です。

 

20代女性会社員

40代女性専業主婦

50代男性会社員 ・・・etc

 

 

ご自身がターゲットとする顧客を実際に当てはめて想像力をフル回転していただくと、

 

アプローチしやすいか、しづらいか

どの意識階層にアプローチすべきか、

どうやってアプローチすべきか、

 

 

より具体的になってくると思います。

 

 

そしてターゲットとする顧客層のマーケットポテンシャルについても

検証することができます。

 

 

ぜひ、ターゲットとする顧客に近いお友達などにも話を聞いてみてください。

 

 

当スクールでは、

今年で15年目を迎えた「犬のようちえん®」で培った

マーケティングについても学んでいただくことができます。

 

 

なぜ「犬のようちえん®」は

1教室で約180頭も通園する教室に成長できたのか?

 

 

ドッグトレーナーのマーケティングについてご興味やご質問がある方は、

以下メールアドレスからぜひお問い合わせください。

 

 

宛先:txt_address

件名:マーケティング相談

本文:ご質問内容

※あなたのお名前、あなたのメールアドレスをお忘れなく

 

IMG_1666

 

 

 

 

コンテンツ
説明会日程 カレンダー
  • 説明会