HOME > スタッフブログ > 東京消防庁と犬

東京消防庁と犬

こんにちは。

スクールスタッフの田中です。

 

 

私の自宅から歩いて3分のところに消防署があり

買い物や散歩の際によく前を通るのですが、

停車中の消防車にこんなマークを発見しました!

001

【特別救助隊のマークです】

 

 

東京消防庁では救助部隊のワッペン(腕章)のデザインに

『セント・バーナード』を用いています。

 

ヨーロッパのアルプスで雪中遭難救助犬として

500名もの遭難者を救助したセント・バーナード。

 

その中でも特に活躍したバリー号にちなんで

腕章用のワッペンとして採用したものだそうです。

 

昭和48年8月28日にワッペンが採用され

その後ワッペンデザインと白いラインが

救助車の側面に描かれています。

 

専門により、デザインも様々です!

002

 

 

消防庁で犬のマークが使用されているなんて

知りませんでした。

 

採用された理由も

「救助犬として活躍した実績にちなんで」というのが

とても嬉しいですね♪

 

 

参考URL

【東京消防庁】
http://www.tfd.metro.tokyo.jp/ts/sa/disaster.html

【東京消防庁 麹町消防署 FIRE RESCUE EMS】
http://www.signalos.co.jp/html_j_report/j_report_118.html

 

 

 

 

コンテンツ
説明会日程 カレンダー
  • 説明会