HOME > スタッフブログ > ドッグトレーナーと大きな石

ドッグトレーナーと大きな石

こんにちは、

スタッフの秋山です。

 

今日はひとつ、有名なお話をご紹介したいと思います。

 

ドッグトレーナーに興味がありつつ、チャレンジするか迷っている方には

ぜひ、読んで頂きたい!

 

私自身、大切なことにハッと気づかされたお話です。

 

以下より引用

会社がなぜ消滅したか―山一証券役員たちの背信

新潮社 読売新聞社会部著 より

———————————-

ある大学で、こんな授業があったという。

 

「クイズの時間だ。」

 

教授はそう言って大きな壺を取り出し、教壇に置いた。

その壺に、彼は一つ一つを詰めた。

壺が一杯になるまで石を詰めて、彼は学生に聞いた。

 

「この壺は満杯か?」

 

教室中の学生が「はい」と答えた。

 

「本当に?」

 

そう言いながら教授は、

教壇の下からバケツ一杯の砂利を取り出した。

 

そして砂利を壺の中に流し込み、壺を振すりながら、

石と石の間を砂利で埋めていく。

 

そしてもう一度聞いた。

 

「この壺は満杯か?」

 

学生は答えられない。

一人の生徒が「多分違うだろう」と答えた。

 

教授は「そうだ」と笑い、今度は教壇の陰からの入ったバケツを取り出した。

それを石と砂利の隙間に流し込んだ後、三度目の質問を投げかけた。

 

「この壺はこれで一杯になったのか?」

 

学生は声を揃えて、「いいや」と答えた。

 

教授は水差しを取り出し、壺の縁までなみなみとを注いだ。

彼は学生に最後の質問を投げかける。

 

「僕が何を言いたいのかわかるだろうか?」

 

一人の学生が手を挙げた。

 

「どんなにスケジュールが厳しい時でも、最大限の努力をすれば、

いつでも予定を詰め込む事は可能だということです。」

 

「それは違う。」

 

と教授は言った。

 

「重要なポイントはそこにはないんだよ。

この例が私達に示してくれる真実は、大きな石を先に入れない限り、

それが入る余地は、その後二度と無いという事なんだ。」

 

君たちの人生にとって”大きな石”とは何だろう、と教授は話し始める。

 

「それは、仕事であったり、志であったり、愛する人であったり、

家庭であったり、自分の夢であったり。」

 

「ここで言う“大きな石”とは、君たちにとって一番大事なものだ。

それを最初に壺の中に入れなさい。

さもないと、君たちはそれを永遠に失う事になる。

もし君たちが小さな砂利や砂や、つまり自分にとって

重要性の低いものから自分の壺を満たしたならば、

君達の人生は重要でない何かに満たされたものになるだろう。」

 

「そして大きな石、つまり自分にとって一番大事なものに割く時間を失い、

その結果それ自体失うだろう。」

———————————-

自分にとっての”大きな石”を見つけたら、

迷っている暇はないんだなぁと実感。

 

悩んいでるうちにどんどん砂利や砂で埋まってしまうなら、

直感を信じて、壺に入れる勇気も大事ですね。

 

後にもしそれが違ったと感じても、そのチャレンジが早ければ

きっとまだ次の大きな石を入れるスペースはあるはず!

 

「ドッグトレーナー」という仕事にご興味を持たれた方も、

スクールを卒業されて次のステップをお考えの方も、

それが自分にとっての“大きな石”なのか、

そしてそれを入れるタイミングになどに悩まれていたら、ぜひ一度、ご相談ください。

 

動き出すのは自分自身ですが、

精一杯のサポートをさせて頂きたいと思います!

 

画像

 

 

 

 

コンテンツ
説明会日程 カレンダー
  • 説明会