HOME > スタッフブログ > 犬と夏の風物詩

犬と夏の風物詩

こんにちは、

スタッフの秋山です。

 

 

猛暑が続き、ぐったりしている方も多いかと思いますが

「お祭り」に「夏フェス」、「海」に「花火大会」など

夏ならではのイベントも楽しみたいですよね。

 

 

そんな中、ワンちゃんと生活する方には注意して頂きたいことが!

 

アニコム損害保険株式会社(2014年7月23日)の記事によると

迷子捜索サポートサービスに寄せられた捜索依頼の情報を基に、

月別に迷子の発生件数を集計したところ、

8月に最も多く発生していることがわかりました。

 

雷や花火の大きな音に驚いて逃げ出してしまったというケースが多く、

これからの季節、犬の飼い主は、十分な注意が必要です。

 

上記文章は以下より一部引用

http://www.anicom-sompo.co.jp/company/news/news_0140723.html

 

 

雷や花火が打ち上がった際の大きな音や、地響きなど

人の何倍も優れた聴覚を持っている犬や猫はの中には敏感に反応する子もいます。

 

対処方法は、ワンちゃんの性格や環境によっても様々ですが

無理に連れて行かずお留守番をさせたり、

花火の最中に一緒に家にいるのなら、そばについて過ごしてあげてください。

 

また、万が一に備えてドアや窓をしっかり閉めたり、

迷子札やマイクロチップを装着し

家の敷地から逃げ出してしまった場合の対処も万全にしましょう。

 

そして子犬のうちから、雷や花火の音などを聞かせて

慣れさせるということもとても大切です。

 

 

ドッグトレーナーズカレッジのイベント「ぼくの社会化手伝って」や

この「スタッフBlog」などでも度々お伝えしている【社会化】の1つですね。

————————-

社会化とは、 人間社会で犬が一緒に暮らしていくために、

社会の出来事に犬自身が対応できるよう、 あらゆるモノやコト、

様々な環境に無理なく慣らしていくこと。

————————-

参考資料:※Illustration by Lili Chin, www.doggiedrawings.net

このイラスト使用に関する詳細は、上記サイトをご参照ください。

shakaika

 

雷や花火のように「季節限定」の音や

救急車やパトカーのサイレンなど「突然」の音などは

「効果音CD」というものが売られていますので

何か楽しいことに夢中になっている時(食事中や遊んでいる最中など)に

流すなどして慣れさせてあげるのも良いですね。

 

ただし、無理は禁物です!

怖がりな子などは逆に悪化させてしまうこともあるので注意が必要。

そしてくれぐれもワンちゃんが1人でお留守番する時などは避けてください。

 

しっかりと知識を持って

人も犬も楽しい夏を過ごせるようにしたいですね♪

 

 

秋山

 

 

 

コンテンツ
説明会日程 カレンダー
  • 説明会