HOME > スタッフブログ > 「人間らしさ」を持つ犬たち

「人間らしさ」を持つ犬たち

こんにちは。

スタッフの湯地です。

 

私は、大学在校時に犬の行動を観察・研究していたせいか、

どうにも犬の行動の研究が気になるようです(笑)

 

電子版日本経済新聞でこのような記事を発見しました。

【犬は人が思っているよりもずっと「人間らしい」】:日本経済新聞

http://www.nikkei.com/article/DGXMZO89938000Q5A730C1000000/

 

 

image

 

 

要約すると…

これまでの研究で犬は

「人の顔の表情を読み取る」「嫉妬を伝える」「同情する」「テレビを見ることができる」

ということがわかっています。

 

 

そして、今回新たに、

「犬は人間観察をする」「人の視線を追う」

ということがわかったそうです。

(詳細は記事をご覧ください!)

 

 

今回行ったテストでは、

犬は飼い主に不親切な人に対して、非友好的な態度を取った。

人が何もない空間に視線を送ると、犬もつられて同じ方向を見た。

という結果が得られたそうです。

 

やはり犬にとって、飼い主さんが一番の存在になるんですね。

 

 

この研究結果は、

普段犬によく接していたり、犬を迎えたことがあれば、

「なんだ、そんなこと知ってるよ」と思われる方もいらっしゃるでしょう。

 

 

ドッグトレーナーにとって、

その犬を知るために様々な観点から犬を観察することはとても重要な事です。

 

しかし、それと同時に犬も人を観察して

「信頼できるいい人なのかな?」と見極めているのかもしれませんね。

 

 

スタッフ 湯地

 

 

コンテンツ
説明会日程 カレンダー
  • 説明会