HOME > スタッフブログ > 「プリズン・ドッグ」って?

「プリズン・ドッグ」って?

こんにちは。スクールスタッフの秋山です。

 

突然ですが、皆様は「プリズン・ドッグ」というものをご存知ですか?

 

「プリズン・ドッグ」とは、

刑務所の中で囚人が介助犬を育成するプログラムで、

シェルターから犬を引き取り、囚人たちが犬の世話をすることで、

命の尊さや、連帯意識、絆、愛情などを学んでいくというもの。

ph1

ph2

 

 

1982年に女性受刑者だったキャッシー・クインよって発案されたプログラムですが、

このプログラムを導入したアメリカのとある青少年刑務所では、

刑務所を出所した犯罪者の再犯率がゼロになったといいます。

 

 

以前、NHKで放送された

「プリズン・ドッグ ~僕に生きる力をくれた犬~」を

目にしたことがある方もいらっしゃるかもしれません。

【参照】http://www6.nhk.or.jp/wdoc/backnumber/detail/?pid=091031

 

 

そこで私が気になったのは、日本でも行われているのか?ということ。

 

調べたところ、日本では

2009年に「島根あさひ社会復帰促進センター」において、

受刑者が盲導犬のパピー(子犬)を育成するという試みが始まり

2013年には第一号の盲導犬が誕生したそうです。

【参照】http://www.shimaneasahi-rpc.go.jp/torikumi/index.html

 

また2014年7月には、千葉県の「八街少年院」にて

受刑者の少年たちに保護犬の訓練を教える動物介在プログラム

「八街少年院プログラムGMaC(Give Me a Chance)」がスタート。

犬と接するうちに、少年たちには責任感や信頼感が生まれ、

自分で考えることを学んでいくとのことでした。

 

【参照】

毎日新聞web

http://sp.mainichi.jp/shimen/news/20150819dde041040048000c.html

 

一般財団法人 ヒューマニン財団

http://humanin.or.jp/?page_id=365

 

 

私が調べた限り、現在継続的にこういったプログラムを取り入れているのは

この2か所しか見つけられませんでした。

 

日本で大きく普及しない理由は、

「犬」や「しつけ」に対する一般的な認識が欧米などに比べてまだ低いことに加えて

その担い手が少ないことも挙げられるのではないかと思います。

 

プログラムの内容によって、

学ぶべきことや身につけるべきスキルは変わってきますので

これはあくまでも1つの例ですが

ドッグトレーナーが必要とされる場面は

今後も様々な場所で広がっていくのではないでしょうか。

 

秋山

 

 

 

コンテンツ
説明会日程 カレンダー
  • 説明会