HOME > スタッフブログ > 災害時に必要なものは…

災害時に必要なものは…

こんにちは、

スクールスタッフの新目です。

 

 

東京は昨日、一昨日と凄い雨でしたが

皆さんの住んでいる地域は大丈夫でしたでしょうか?

 

鬼怒川の地域はとても心配ですね。

まだまだ、宮城などの東北南部では雨が降り続いているようなので

くれぐれもお気をつけください。

 

ヘリでの救助活動の様子のニュースで見たところ、

犬とともに救助されている方もいらっしゃいました。

 

ペットを連れて避難…というかたもいるかもしれません。

 

今日は災害時のペット同行避難に必要なものをまとめました。

 

画像1

 

 

犬の首輪は抜けないようきっちりと。リード(手綱)は丈夫なものを。

猫・小型犬はキャリーバッグに入れる。移動中は絶対に開けない。

 

ペットと共に最低必要なものは

 

画像2

 

 

ペットの食料と水 3日分以上(救援物資が届くまで)

・トイレ用品 袋や砂 ペレット(避難所で迷惑を避ける)

・食器 (自分で使っていた食器であればペットが落ち着くことができます)

・ケージ(余裕があれば車に積んでおく)

・ペット用の非常袋があると望ましい。

 

 

これらのものは避難する際に必要になりますが、日頃から準備しておくことで、

最も重要なことが「しつけ」です。

・ 犬へは「指示を守らせる」「吠えさせない」=「だめ:まて:こい」

・ 犬・猫 ケージ(キャリーバッグ)に嫌がらずに入る。

・ 犬・猫 トイレは決められた場所でする。日ごろのしつけは大切。

 

この3点は特に、避難所等での生活に必要になってきます。

 

 

トイレ・クレートトレーニング、指示の部分は重要なので

ドッグトレーナーズカレッジでも前半で学びます。

 

いつなんどき災害が起こるかわからないので、常日ごろから

備えていることが大切ですね。

 

 

ちなみに「被災動物の救護対策ガイドライン」あるそうなので

こちらも合わせてご覧下さい。

 

 

「被災動物の救護対策ガイドライン」

https://www.env.go.jp/nature/dobutsu/aigo/2_data/pamph/h2506.html

 

引用元

http://www.nhk.or.jp/kaisetsu-blog/700/156984.html

 

 

 

 

 

コンテンツ
説明会日程 カレンダー
  • 説明会