HOME > スタッフブログ > 肉球の秘密

肉球の秘密

こんにちは。スクールスタッフの秋山です。

 

今日は先日読んだアニコム損保さんの獣医師コラムより、

これからの季節に気をつけて頂きたいワンちゃんの「肉球」ケアについて!

 

ph1

 

以下、産経ニュース(アニコム損保「あんしん!ペットライフ」)より抜粋

http://www.sankei.com/life/news/151204/lif1512040012-n1.html

 

———————–

肉球は、歩行時の衝撃を吸収し、滑らないようにする役割を果たしています。

また、人の指先のように痛みや温度などを感じ取る大切な器官でもあります。

 

肉球の表面の厚さや硬さは、環境や加齢によって変化していきます。

外を歩くことの多い犬は、肉球も刺激によって厚く硬くなります。

一方、室内で過ごすことが多い犬のものは表面が薄く軟らかいまま。

子犬の肉球の表面はなめらかですが、高齢になると硬く、がさついてきます。

 

また、冬は地面が冷たく、空気も乾燥しているので、ひび割れを起こすこともあります。

こうした場合には、保湿効果のある肉球用のケア用品が市販されているので、

試してみるのも一つの方法です。

 

肉球を構成する組織の再生能力は低く、けがをすると治りにくいのが弱点です。

 

普段から見たり触ったりしてチェックし、散歩をする際には地面の状態にも気を配り、

けがを未然に防ぎましょう。

———————–

 

夏はコンクリートの熱で肉球がやけどしないように、

散歩時には地面の温度を必ず確認する必要があります。

 

ドッグトレーナーズカレッジでも、

外や地面の温度によっては当日の授業内容を変更することも。

 

犬の体についてしっかり知っておくことで、

季節によって注意することも変わってくるんですね。

 

プロのドッグトレーナーは、あらゆるところに目を向け、気を配ることが大切です。

そしてその正しい知識と判断基準を飼い主さんにお伝えしていきます。

 

ワンちゃんのトレーニングをするにも、まずは健康第一。

 

ドッグトレーナーズカレッジでは、卒業時、ドッグトレーナーライセンスの他に、

「愛玩動物救命士」という動物の健康・病気などに関わる動物医学知識についての

ライセンスも取得することができます(提出課題有)

 

考え方や方法は1つではありませんが、

たくさんの引き出しを持っておくことで、もしもの時に落ち着いて対応できるようになりますね。

 

ドッグトレーナーは日々勉強!

 

今年やり残したことはありませんか?

 

もう一度チェックして、

新たな気持ちで新年が迎えられるといいですね^^

 

秋山

 

 

コンテンツ
説明会日程 カレンダー
  • 説明会