HOME > スタッフブログ > 気持ちを伝える

気持ちを伝える

こんにちは。スタッフの根本です。

 

今日は、私の友人のワンちゃんについてご紹介したいと思います^^

 

新しい家族を迎え入れたとき、どんな名前にしようか考えますよね?

出会った時の印象や見た目、前から好きだったものから名前を付けたり…

 

私の友人のワンちゃんはトイプードルで、名前はエフルくんと言います。

名前の由来は、小学校の国語の教科書にも載っている

「ずーっとずっとだいすきだよ」という絵本に出てくる

犬のエルフィーから名付けたそうです。

 

 

この絵本は愛する者との死別がテーマとなっていて

死んでしまってからでは「好き」と伝えることもできないから

気持ちをきちんと伝えよう、と語りかけています。

 

 

作品の一部を紹介します。

 

———以下引用 ————

 

犬のエルフィーと男の子は大の仲良し。一緒に大きくなりました。

でもエルフィーは犬だから、男の子よりもずっとはやく大きくなりました。

そしてだんだんと老いて、太っていきました。

 

男の子は寝る前には必ず、「エルフィー、ずーっと、だいすきだよ」

と言ってあげたのでした。男の子の家族もエルフィーのことを大好きでしたが、

 

誰もそれを口に出しては言いませんでした。

ある朝、目を覚ますとエルフィーが死んでいました。

 

みんな悲しくてたまりませんでしたが、

男の子は毎晩エルフィーに「ずーっと、だいすきだよ」と言ってあげていたので、

いくらか気持ちが楽でした。男の子は、今後動物を飼うときは、

きっと毎晩「ずーっと、ずっと、だいすきだよ」と言ってあげよう、と思うのでした。

絵本

 

————————————-

 

エルフくんの飼い主もこの本の男の子のように

一緒にいれるときはエルフくんに優しく話しかけているそうです。

 

普段は恥ずかしかったり、タイミングがなかったりと

なかなかきっかけを見つけるのは難しいですが、

1日に1回は一緒に住んでいる家族に

「ありがとう」と言いたいなと思いました。

 

 

ちなみにエルフくんのしつけ担当も友人だったそうで、

エルフくんがまだ子犬だったとき、トイレが上手くできたらたくさん褒めていました。

 

そのため、今でもトイレをするたびに「褒めて!」と言わんばかりに

体をいっぱい使って表現してくれるそうです。

 

 

コンテンツ
説明会日程 カレンダー
  • 説明会