HOME > スタッフブログ > 「若冲展」に行ってきました

「若冲展」に行ってきました

こんにちは。

ドッグトレーナーズカレッジの根本です。

 

週末は上野の東京都美術館で開催されている「若冲展」に行ってきました。

みなさんは伊藤若冲という画家をご存知ですか?

 

伊藤若冲は江戸時代中期から後期に活躍した京都の画家です。

実家の青果物問屋を受け継ぎながらも絵を描き続け、

40歳で隠居した後は画家として生活、84歳で亡くなりました。

 

NHKの番組で紹介された若冲の絵を始めて見たとき、

派手な色使いに驚き、正直好きな絵とは思いませんでしたが、

絵の技法や最期に残した言葉など知れば知るほど興味を持ちました。

 

「NHKスペシャル 若冲 天才絵師の謎に迫る」

 

若冲の絵は世界中に散在、また個人が所有している作品や

宮中などに保管されていて普段は見ることのできない作品が多くあります。

 

その一つが「百犬図」という作品です。

百犬図

 

「百犬図」が描かれたのは1799年。若冲が亡くなる1年前です。

80歳を超えてから描いたとは思えないほどの細かい線と濃淡で

子犬達が戯れる姿を描いています。

 

そして同じような仔犬がたくさんいるようで、

よく見てみると違う模様や色を持っています。

 

 

ちなみにこの「百犬図」実際には59頭の子犬が描かれています。

100頭ではないのですが、1頭ごとに表情がかすかに違うので

そこもじっくり見れるポイントではないでしょうか?

 

 

若冲展は4月22日~5月24日まで展示されています。

是非、NHKの動画を見て、基本知識を取り入れた後

東京美術館に足を運んでみてください!

きっと見方が変わりますよ^^

若冲展

http://www.tobikan.jp/exhibition/h28_jakuchu.html

 

記念に百犬図のファイルを買ってしまいました♪

ファイル

 

 

 

コンテンツ
説明会日程 カレンダー
  • 説明会