HOME > スタッフブログ > 人の歯のケア、犬のしつけ

人の歯のケア、犬のしつけ

こんにちは。

スタッフの田中です。

 

今日はこのスタッフブログでも何度か書かれている、人の歯のケアと犬のしつけについてです。

 

この2つ、共通して大切なのが

小さい頃からの予防。

 

 

犬は、子犬のときからしつけをすることで

問題行動の要因となる悪い習慣を断ち、

良い習慣をつけていくことで真っ直ぐな良い子に育てることができます。

 

 

歯のケアも同じで、

虫歯にさせない、小さい頃からの「予防ケア」がとても大切。

虫歯がなければ、歯の治療のために、費用も時間も…痛みも恐怖も必要なくなります。

 

 

先日、それを改めて実感したことがありました。

 

 

私は、3ヶ月に1回のペースで

歯医者さんに検診と歯のクリーニングに行っています。

 

毎回、休みの日に2歳の息子と行くのですが

一緒に行くついでに子供の歯も診てもらっています。

 

 

初めの頃は、

診察台に乗ることが出来ず号泣。

 

次のときは、

先生にブラッシングを少ししてもらったところで号泣。

 

1番最近は、

少し念入りにブラッシングしてもらうところまで進歩しました。

 

 

いつも、お会計の際に先生から

「どうぞ次も一緒に来てください。

今は何もなくっても、これから何かあったときに歯医者に慣れてないと大変ですからね。

今から少しずつ慣れていきましょうね。」と言ってくださいます。

 

 

そこで、やっぱり犬のしつけと似ているなぁと

納得したのです。

 

 

「しつけ」は今の目の前のことだけではありません。

将来どんな風に愛犬と過ごしたいか、

または、放っておくと成犬になったときどんな風に困るのか、

そんなことを想定して、いつかくるときのために今からやっておくこともとても大切です。

 

子どもが産まれたら、

将来の学費の準備やいざというときのためにと

様々な準備をしたり、環境をつくる。

 

それと少しだけ似ているのではないでしょうか。

 

ただ、犬の場合は

きっと、もっと、すごくシンプルです!

 

 

やっておくべきこと、

させてはいけないことを飼い主さんがきちんと理解し、

犬と一緒に学びながら、実践できればいいのです。

 

 

しかし、飼い主さんだけでやるには、

言うほど簡単ではありません…

それを分かりやすく教えてくれる、

ドッグトレーナーがやっぱり必要なんですね。

 

 

 

スタッフ 田中

コンテンツ
説明会日程 カレンダー
  • 説明会