HOME > スタッフブログ > R.E.A.D.プログラム

R.E.A.D.プログラム

こんにちは。

スタッフの湯地です。

 

みなさんは「R.E.A.D.プログラム」をご存知でしょうか?

 

元々は、アメリカで始まった動物介在療法で、

簡単に言えば、子どもたちが犬(セラピー犬)に本の読み聞かせをするという活動です。

(この活動に参加する犬は、読書介助犬というそうです。)

 

 

そしてそのプログラムが先日、JAHAの協力のもと東京三鷹市の図書館で行われました。

 

あらかじめ、子どもたちは犬との接し方を学び、

後日、読書会(わん!だふる読書体験)が行われました。

 

Little girl and the family dog

 

この活動では、子どもたちの読み書きの能力向上や、

授業中に自ら手を挙げるなどの授業に対する積極性の向上を目指しています。

 

また、普段、授業で教科書を読み上げることが恥ずかしいと感じたり、

間違えた時に笑われるのが怖いと感じたりする子どもたちも少なくありません。

(私もあまり好きではありませんでした笑)

 

しかし、このプログラムでは音読を聞いているのは大人しい犬たちなので、

恥ずかしさや怖さを持たずにストレスなく本を読み上げることができます。

 

今回三鷹市で行われたこのプログラムは子どもたちにとって良い経験になったそうです。

三鷹市の図書館をはじめとして、今後他の地域でも取り入れてほしい試みですね!

 

 

コンテンツ
説明会日程 カレンダー
  • 説明会