HOME > スタッフブログ > <動物救命救急>実技セミナー

<動物救命救急>実技セミナー

こんにちは。インストラクターの田口です。

 

1月15日(日)に【動物救命救急 実技セミナー】が、

ドッグトレーナーズカレッジにて開催されました。

 

当スクールの2016年10月開講生に向けた

愛玩動物救命士の実技セミナーです。

 

愛玩動物救命士とは…

ペットが病気やケガなどで緊急を要する際に、

ペットの命を守るための救急救命法の基礎を学び、

愛玩動物を深く理解した方が取得できる資格です。

(一般社団法人 全日本動物専門教育協会認定)

 

 

獣医師 芝田守孝先生を講師としてお迎えし、

「救命救急のABC」「応急処置」などの基礎知識や、

動画や写真などを使用して「事例・症例」を

わかりやすく解説していただきました。

 

寒いこの時期は、暖房器具などで<やけど>をする

犬・猫が増えたり、年末年始やバレンタインデーは、

誤飲事故が増えるようです。

 

20170124SAE実技セミナー1

20170124SAE実技セミナー2

 

実技は、モデル犬のドレミちゃん

(キャバリア・キングチャールズ・スパニエル)をはじめ、

生徒さんが飼っている愛犬も参加して実践しました。

20170124SAE実技セミナー3

 

 

聴診器を使って犬の心音を聴いてみました。

まずは、聴診器の使い方から・・・

20170124心音チェック1

20170124心音チェック2

 

 

次に、脈拍を計ります。

人の脈拍を計る場合は、手首に指を当てて計測しますが、

犬の場合は、そけい部(足のつけ根)に指を当てて計測します。

20170124脈拍

 

体温計で犬の体温をはかります。

20170124体温1

20170124体温2

 

心臓マッサージの練習もました。

(健康な犬ではできないので、マシーンを使って)

20170124心臓マッサージ

 

 

普段から平常時の状態(心音、脈拍、体温など)を

把握しておくことで、変化に気づくことができます。

 

ドッグトレーナーとして、お客様のワンちゃんに

もしものことがあった場合、対処の仕方や心構えを

知っておくことで、慌てず冷静に対処することができます。

 

また、万が一のことがないように予防することも大切です。

 

 

コンテンツ
説明会日程 カレンダー
  • 説明会