HOME > 子犬のしつけの重要性

子犬のしつけの重要性

犬のしつけに必要なことの8割は
「子犬のしつけ」に集約されています。

生まれながらの問題犬はいません。

たった1年で成犬になってしまう犬に、子犬のうちから「しつけ」をすることが当たり前になれば、問題犬はいなくなり捨てられる犬もいなくなります。

成犬になってから出てくる問題行動(吠え、噛み、トイレの失敗…etc)も、子犬の時期のしつけの基本を知っているからこそ、問題を解決する糸口
(原因や対策)を見つけることができます。

これから家族の一員として成長していく子犬たちのため、
またいま問題で困っている犬たちのためにも「子犬のしつけ」を知ることは、何よりも大切なのです。

全てのしつけの基本は「子犬のしつけ」

犬と人が幸せに暮らしていける社会を作るために、ぜひ「子犬のしつけ」を学んでください。

  • コース詳細
コンテンツ
説明会日程 カレンダー
  • 説明会