HOME > ドッグトレーナーとは

プロのドッグトレーナーとは(定義)

ドッグトレーナーとは、犬をよく理解し、犬が人間社会でともに生活していくうえで必要な「しつけ」を、犬とその飼い主へ教える人。

「しつけ」とは…

「トイレが決まった場所でできる」、「初めての人や犬にも友好的にできる」「体のどこを触られてもおとなしくできる」などの、人と犬が一緒に暮らすためのマナーやルールのこと。

  • 社会化

    子犬の社会化は、「吠え」や「咬み」などの問題行動を予防するためにも重要なしつけです。人間社会の出来事に犬自身が対応できるように、子犬のうちから様々な人・物・環境に慣らしていきます。

  • トイレ

    「トイレ」は一度間違った場所で覚えてしまうと、教え直すのに時間がかかるので、家に迎えた日からしっかりと教えます。決められた場所でトイレができれば犬も人もストレスなく生活を送ることができます。

  • 散歩

    犬と飼い主が散歩を楽しめるようにトレーニングしていきます。「引っ張り」や「拾い食い」をすることなく上手に歩けるようにしつけることで、犬も人もストレスなく、安全に散歩を楽しむことができます。

  • 留守番

    どんな犬でも、多かれ少なかれ留守番をする日は必ずあります。たとえそんな日が急に訪れたとしても、ひとりでも良い子で落ち着いて留守番できるように慣らしていきます。早い時期から教えていくことが大切です。

  • 指示(コマンド)

    「おすわり」「まて」「ふせ」など日常生活の中で役立つ指示(コマンド)を教えることもドッグトレーナーの仕事。犬にも飼い主にもわかりやすく楽しんで学べる方法で教えていくことが大切です。

  • グルーミング

    「お手入れをおとなしくさせる」ことも重要なしつけのひとつ。少しずつブラシに慣らしていき、爪きりや耳掃除も嫌がらずにできるようにしていきます。動物病院やトリミングサロンで良い子でいるためにも必要です。

  • スクール説明会
  • 無料資料請求
  • スクール説明会
コンテンツ
説明会日程 カレンダー
  • 説明会